柳泉園組合は清瀬市、東久留米市及び西東京市(関係市)の廃棄物を共同で処理するために設立された一部事務組合です。

柳泉園組合

>
>
災害廃棄物受け入れ
>
宮城県女川町の災害廃棄物の受け入れ

宮城県女川町の災害廃棄物の受け入れ開始

 9月10日(月)より、宮城県女川町の災害廃棄物の受け入れを開始しました。
初日の10日は搬入に際して、周辺自治会の皆様、東京都・東京都環境公社など関係団体職員、関係市職員、また、市民の皆様立会いのもと、以下の作業を行いました。

 

01 災害廃棄物を搬入するコンテナ2台が組合に到着した後、コンテナをプラットホームへ搬入する前に行った作業
 

 

  1. 関係市から搬入された通常の可燃ごみについて、放射性物質濃度を測定するためのサンプリング
  2. 災害廃棄物搬入前のプラットホームの空間線量率測定

 

02 搬入された災害廃棄物を検量し、コンテナがプラットホームに移動した後、ごみピットへ投入する前に行った作業

 

  1. 災害廃棄物を搬入した、コンテナ周囲4カ所の空間線量率測定
  2. 災害廃棄物の放射性物質濃度を測定するためのサンプリング

プラットホームでの空間線量率測定結果は、下のリンクからご覧いただけます。関係市から搬入された通常の可燃ごみ及び災害廃棄物の放射性物質濃度については、結果がわかり次第、ホームページで公表いたします。
また、今後は1週間に1回運搬車両の空間線量率測定を行い、結果を公表いたします。

なお、10日の搬入に立ち会った方々は以下のとおりです。

周辺自治会の皆様    10名
東京都他関係団体職員等 12名
関係市職員        6名
市民の皆様       12名   合計40名

 

宮城県女川町災害廃棄物運搬車両の空間線量率 測定記録 PDF

 

9月10日の搬入の様子