柳泉園組合は清瀬市、東久留米市及び西東京市(関係市)の廃棄物を共同で処理するために設立された一部事務組合です。

柳泉園組合

>
>
災害廃棄物受け入れ
>
宮城県女川町の災害廃棄物処理支援

宮城県女川町の災害廃棄物処理支援

【更新日:平成25年4月3日】

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災により被災地では、膨大な量の災害廃棄物が発生しました。
しかし被災地だけですべて処理することは、場所や時間の制約により限界があり復興の大きな妨げになっています。
このため、平成23年11月に東京都、宮城県、宮城県女川町及び東京都市長会の間で宮城県女川町の災害廃棄物を多摩地域の清掃工場において円滑に処理できるよう相互に協力することが合意されました。

この合意に基づき構成市(清瀬市、東久留米市及び西東京市)と柳泉園組合は意思決定のもと被災地の1日も早い復興を支援するため、柳泉園クリーンポートで9月10日から宮城県女川町の災害廃棄物の受け入れ処理を開始します。

 

受入対象廃棄物

 宮城県女川町で発生した木くず、廃プラスチック及び繊維くず等の可燃性廃棄物です。

 

受入方法、受入台数及び受入量

 災害廃棄物は、密封型コンテナに積み込み1日約5台(約4t/台)搬入され平成25年3月31日までに2,760tの受け入れを予定しています。

 

受入日時

 月曜日から金曜日の午前8時30分から午前11時30分及び午後1時から午後4時30分の間に受け入れます。

 

処理方法

 通常受け入れている可燃ごみと混合して焼却処理します。焼却後の焼却灰は、東京たま広域資源循環組合エコセメント化施設(日の出町)へ搬出します。

 

情報公開

 通常受け入れている可燃ごみと混合して焼却処理します。焼却後の焼却灰は、東京たま広域資源循環組合エコセメント化施設(日の出町)へ搬出します。

月1回

排ガス、焼却灰及び飛灰の放射性物質濃度

 

週1回

柳泉園組合敷地境界空間線量率
災害廃棄物の搬入量
女川町で測定した災害廃棄物を運ぶコンテナの遮蔽空間線量率
女川町で測定した災害廃棄物を運ぶコンテナの左右側面計2面の空間線量率

 

測定結果は以下のとおり公表します。

 

災害廃棄物の受入予定量及び受入実績
平成24年 PDF( 9月分 ・ 10月分 ・ 11月分 ・ 12月分 )
平成25年 PDF( 1月分 ・ 2月分 ・ 3月分 )
受入実績 PDF
柳泉園組合敷地境界空間放射線量測定結果 PDF
平成23年度柳泉園組合排ガス・焼却灰・飛灰放射性物質濃度測定結果 PDF
平成24年度柳泉園組合排ガス・焼却灰・飛灰放射性物質濃度測定結果 PDF

 

 

柳泉園組合技術課
042-470-1547